住まいるカレッジ

住まいるカレッジとは?

家を建てるという事は一家にとって、一大行事です。
あなたの大切なパートナーや大切な家族と暮らす大切な家です。決して粗末に建てないでください。毎日住む家は、住む人と共に呼吸し共に年を重ねて行きます。

そう、家も生きているんです。
そんな家を活かすも殺すもあなた次第です。
「家相風水」にはあなたのかけがえのない大切な家族と、唯一無二のマイホームを守る為の知恵がぎっしり詰まっています。
私達、住まいるカレッジは家相風水を十分活用した快適住まいをご提案する会社です。あなたの家づくりの一員として、是非ご協力させてください。

住環境を考える上での「家相・風水」の大切さをアドバイス!!

住環境を考える上での「家相・風水」の大切さをアドバイス!!

「家相・風水」を迷信や占い・宗教と混合される方も多いのですが、実は住まいを快適にするための環境学や統計学ともいうべきものです。

だから、土地の状況や周辺環境で敷地の使い方や建物の配置、間取りなどは、家づくりの目的によって、家族ごとに異なります。

次へ

使い勝手が良く運とセンスの良い家をつくりましょう!!

使い勝手が良く運とセンスの良い家をつくりましょう!!

「家相・風水」を気にすると、「変な間取りになる・・・・・」と考える方が多いようですが、それは占い師の世界です。専門的な知識を活かせば、使い勝手もセンスも良くなります!家相的にも良い家になるのです。「家相」とはトータルな家の相談でありそれを活かすのが風水の知恵です。

次へ

インテリアやカラー・デザインの楽しい活かしかたをアドバイス

インテリアやカラー・デザインの楽しい活かしかたをアドバイス

「水晶や印鑑や絵画などで運を開く」というチラシを目にします。高額なものを飾るより、身の回りにあるものを上手に活かして、家族の目的にあった環境にするためにプラス思考で楽しく考える事が大切です。

広く住宅建築や不動産に携わる人にもレクチャーをしています!

広く住宅建築や不動産に携わる人にもレクチャーをしています!

家相・風水と言うと、一般的には神主さんやご住職に、”間取りの良し悪し”を見立ててもらうことが主流です。しかし、本来は建築基準法や土地・建築の知識を持った人、設計士が専門的な見地からアドバイスすべき内容です。このところ建築専門学校や不動産や住宅関係会社の集まりで、レクチャーさせていただく機会が増えています。

Case Studies

建設予定地 愛媛県在住
家族構成 ご夫婦+お子様(女の子 高校生1、男の子 中学生1)
御年齢 旦那様37歳 奥様40歳 女の子16歳 男の子13歳
生活スタイル 旦那様 サラリーマン 奥様 パートタイマー
昼間ほぼ誰もいない。唯一、夜が一家団欒のひと時となる。

「幸せな家づくり」 サポートの流れ

幸せになる家づくりにお客様と一緒に取り組みます

ヒアリング

ヒアリング内容よりお客様のテーマを分析
まずは、目的意識・住まい方を明確にします

次へ

1回目の打合せ

  1. 家族構成、生年月日、住まいの目的、要望、こだわり、敷地状況等をお聞きします
  2. 検討中の図面や現在のお住まいの図面のチェックとアドバイス
  3. 1をもとにしたゾーニング
  4. インテリアやカーペットでのアドバイス

次へ

プランが具体的になり、幸せに近づきます!!

2回目の打合せ

  1. 前回内容を踏まえたプラン提案
  2. インテリア・仕様等の提案も提案可能です
  3. 家相処理の具体的なアドバイス
次へ

アンケートやお話の中で家族構成や住まいづくりの目的を確認

ご家族の住まいづくりの目的は『健やかな家・家族の和』

  • 男らしく判断力のあるご主人
  • 明るく理解のある奥様
  • 高校1年生 バレーボール部の活動に熱心な長女
  • 中学1年生 サッカーに夢中の長男

毎日夜はご家族で団欒の時館があり、お子様たちも思春期なのに素直に育っていました。

次へ
進行中の図面をチェック

家相学的にご家族の目的に合ったプランかどうかチェックをしてアドバイスをします!!

お客様が検討されていた平面図(左)をチェックしながら、1階2階とも修正箇所に朱書きをいれます。

次へ

ヒアリングは真剣そのもの!!

次へ

ご家族の住まいづくりの目的に合わせたゾーイングとプランニングをご提案いたします。

《1階LDK・2階水廻りPLAN》 最終決定プラン

1階に広々としたLDK、2階に家事動線をまとめ、お子様の洗濯物に追われる奥様の作業量に配慮。 玄関ホールに螺旋階段・しつらえコーナーを設けて毎日を楽しく!

2階に水回りを集中させることで水の影響が7割カット。
2階の鬼門方位はトイレを外し、一番影響の少ない洗面を配置。

プランニングの提案は『複数提案』が基本

※複数提案することで様々な生活スタイルを比較検討することができます。

《1階水廻りPLAN》 4プラン提案の中、最も不評だったプラン

1階に水廻りを集中させて、2階が個室といったオーソドックスなプラン。
キッチンをインテリアの一部として、ゆったりとした印象に。

鬼門方位はトイレを外し、一番影響の少ない洗面を配置。

これは事例に過ぎません。ご家族の構成や建てられる場所、向きや間取りによって全くアドバイスは異なります。まずは、セミナーにご参加いただき、正しい家づくり、間取り作りのご参考にしていただければ幸いです。

住まいるカレッジ